コピー、リライトの禁止

 

 

 

記事作成を行う上で、紹介などを行うため
その物等の情報が必要になりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、多くの人は

1.その商品・噂の関連サイト
2.その商品・噂に関連する資料(本・新聞等)

 

 

 

 

から、情報を得て記事を作成していると思います。

 

 

 

 

 

しかし、それはあくまで参考にするだけに留めさせてください。

 

 

 

 

 

【重要!】
そのサイトや本の文章を丸々写したり、文や単語の順番を変えただけて記事にする、
これは絶対にダメです。

 

 

 

特に本は、結構な確率で訴えられます。(聞いた話で前例もあります。)

 

 

 

 

ちなみにそのような悪意のある行動の結果、問題が起こった場合は
それ相応の処置をとれるように、しっかり契約書等に警告を促しておきましょう
(契約書をご参考に!)

 

 

 

 

 

 

 

 

また、様々なサイトから文章をつぎはぎして記事を作成しても、
それを判別するリライト検査ツールという物が存在します。
それは後ほどご紹介します。

 

 

 

 

 

つぎはぎで作成したり・丸々コピーした記事というのは必ず違和感があります。
読みづらかったり、記事毎に別の文体になったりと。

 

 

必ずリライトは一目でわかります。

 

 

 

 

そこで、悲しいことにツールが登場するわけです。。。
疑うのも疑われるのも、互いに嫌だし疲れますよね。

 

 

 

それを事前に説明して、少しでも問題が起こらないよう
対策を行っていきましょう。^^

 

 

 

 

 

 

コウの記事はお役にたちましたでしょうか? もし、良かったらランキングの方をポチっとしてもらえると 嬉しいです☆^^
人気ブログランキングへ

HP 特典 自己アフィリエイト 初心者 メルマガ 人気 作成 方法紹介 厳選 テクニック 無料 アフィリエイト

 現在登録すると、「1ヶ月で20万の売上を、誰でも必ずノーリスクで出せる方法」を紹介しているPDF付きです☆ 是非一度読んでみてください。大きく環境が変わるきっかけになるかもしれませんよ。^^
何か気になることがありましたら、些細なことでも

aki1446system@yahoo.co.jp

こちらのメルアドにご連絡ください。 常に全力前進で返信します!_(._.)_
by 無料ブログパーツ
[PR]不動産ホームページ作成

HP作成用一押しソフト!

販売力を上げたい方に


トップ 始めての方はこちら! コウの無料レビュー 無料メルマガ登録 サイトマップ お問い合わせ